商品案内

HOME

>

商品案内

>

商品案内-コスモクリーンカード

コスモクリーンカード

空気のトラブル予防に
持ち歩く空気清浄カード

2m周囲の空間にイオンバリアをし、

空気のリスクからあなたを守ります。

空気清浄のメカニズムと効果

 

 

シャープのプラズマクラスターの生みの親、中川英之博士が開発した、

「エアクラスターシート(R)」技術を採用。
電気も装置もいらないプラズマクラスターを作りたいとの想いで創られました。

 
 

(1)

ナノ技術で内包されたレアアース鉱石から発生する微弱電磁波により、周囲の空気中の水分子(H2O)に反応してOHとHに分解することで、ラジカルイオンが発生します。

(2)

発生したラジカルイオンは安定を求め、空気中の浮遊物質(菌、ウイルス、カビ、アレル物質、臭い分子など)に取り付き、空気中で中和分解して効果を発揮します。

イオンテスターによる測定動画

エアクラスターシート(R)検査データカケンテストセンター調べ)


検査機関で実証した確かな効果

従来の弱点をカバーしたイオンバリア


その効果は半永久的。電気も機械もいりません。

空気中の浮遊物質を中和分解してくれるイオンですが、有効な状態を保てるのは1秒程度という弱点もあります。

コスモクリーンカードは、空気中に無数にある水分子から絶え間なくイオンを発生させ続けることで、この弱点を克服しました。

半永久的に、周囲2mまでのイオン空間を形成します。


イオンは1秒ほどで消失してしまうので、従来は遠くまで飛ばすことができませんでした。

このため広範囲でカバーすることはできません。

コスモクリーンカードは、空気中の水分からイオンを発生させ、24時間365日、約2mの範囲をカバー。

イオンバリアで空気リスクからあなたを守ります。

ご利用シーン


24時間365日、あらゆる場所で活躍してくれます。

自宅に置いておくだけ

下駄箱、トイレ、冷蔵庫、キッチン、ペット、クローゼット、お風呂など、ニオイやカビの気になるところに。

外出時に身に付けて

職場、学校など人が集まる場所での感染症予防に。

花粉対策、気になるニオイ対策に。車内の空気清浄に。

よくあるご質問

Q. 新型コロナウイルスに対して効果はありますか?

A. 新型コロナウイルスについては新しいウィルスのためまだ検査はされていませんが、ウイルス研究の世界的権威である社団法人北里研究所と、シャープ株式会社から、プラズマクラスター技術により空気中の水分子をクラスターイオン化させて、コロナウイルスを99.7%不活性化した研究結果が発表されています。(外部リンク)

 

イオンが空気中の浮遊有機物に反応する同じメカニズムですので、同様の効果が期待できるのではないでしょうか。

ただし、接触感染や飛沫感染は防げませんので、うがい、手洗い、マスクなどの感染症予防対策と合わせてご使用ください。

Q. 消臭にはどれくらい効果がありますか?

A. アンモニアやホルムアルデヒドに対して、ガス濃度1%以下、2時間後に減少率98%との効果が認められています。

車内や、下駄箱、ペットのニオイが気にならなくなったなどのご意見もたくさんいただいております。

ニオイの気になるところでお試しください。

Q. 抗菌、カビの抑制にはどれくらい効果がありますか?

A. 静菌活性値で5.8以上(2.2 以上で効果があるとされている)、殺菌活性値で3.1以上(0を超えれば効果がある。3以上で高い殺菌性がある)と効果が認められています。

冷蔵庫やクローゼットの中に置いておくだけで半永久的に効果を発揮しますので、抗菌・消臭対策として経済的でおすすめです。

Q. 人体に悪影響はありませんか?

A. 森林や滝などで自然発生しているイオンの仕組みを利用しているので安全です。赤ちゃんの側でも安心してお使いください。

Q. 外出時に財布などに入れておいても効果はありますか?

A. イオンは水と鉄以外の物質は通りますので、スマホカバー、財布、カバン、ポケットなどに入れた状態で効果を発揮します。

ネックストラップや胸ポケットなど顔の近くに置いておくとより効果的です。

Q. どのような状況でも効果がありますか?

A. 風のある屋外にいる時や、室内でもエアコンの風が当たっている場合などは、風向きによって効果範囲が変わることがあります。

Q. 効果をより強くする方法はありますか?

A. 2枚を重ねて持つよりも、ネックストラップとスマホカバーの中など別々に持って、範囲を広くするほうが効果が高まります。

また、職場などで同じ空間にいる方が全員で身につけていると、空間全体がイオンバリアに包まれるので、より相乗効果が発揮されます。

お問い合わせ

お問い合わせ

当社の取組みや、けんこうテーブル365に関するお問い合わせ、お取引や取材のご依頼なども受け付けております。